台風の目って?

台風の勢力により、その気圧の分布とか、中心気圧が変化します。天気図を見ると、台風の等圧線は円形になります。これは、発達する前の温帯低気圧の頃の天気図を見ると、温帯低気圧は前線を伴っています。ですから、等圧線は、非対称と言うことになります。台風と温帯低気圧と、ここが違う点と言えます。<台風の等圧線について>中心付近になるほど密になっています。そして、中心に近づけば近づくほど風が強いと示しています。<気温について>台風が近づくと蒸し暑くなるのは、これが原因と言えます。(汗)~と言うことは、中心付近の空気は軽いと言うことなので、地上気圧は周辺よりもかなり低くなると言えます。※ 温帯気圧が950ヘクトパスカル以下にはなりません。しかし、台風では、900ヘクトパスカル以下になることもあります。実はよく言われている「台風の目」が中心だと思っている人が多いようですね。しかし、実はそうではありませんよ。台風の中心は、「気圧が最も低い場所」と定義されています。私達が普段、天気予報番組などでよく目にする「台風の目」が中心ではないと言うことです。この「台風の目」は、これが中心ではないと言うことなので、この部分では、どのようなことが起きているのでしょう!?<つづく>