住宅ローン審査落ちた理由原因が知りたい!借金・年収・年齢が基準になる?

自分だけの家が欲しい!と思ったときに役立つものとして住宅ローンがあります。

申し込みをする場合は、銀行や信用金庫で受け付けていますが家を購入する際は不動産屋を通す方がほどんどだと思いますのでその会社で協力している銀行などに申し込みをしても良いでしょう。

返済期間に関しては人それぞれになりますが最長35年まで借り入れする事が可能です。

ですが、この35年という期間は年齢によって不可能になる場合もあります。

おおかた、40歳オーバーの申請から難しいケースが多くあるようです。

そろそろ自分の家が欲しいと思ったとき銀行などから申し込みができる住居購入時の貸付が頼りになります。

申請後は金融機関側の審査がありまずそれを見事に合格しないと、次の段階に進むことはできません。

重要な判断材料は年収、勤続年数、仕事内容などです。

また、カードローンの使用歴なども厳しくチェックする所はチェックされますので今後住宅購入を考えているのであれば必要最低限の使用、もしくは使用されない方法を選ぶと良いと思います。

マイホームを建てたい!と夢を見ている方もいらっしゃるでしょう。

ですが、住宅購入はちょっとやそっとでは出来ず、数千万単位の現金が必要です。

ですから、現金ですぐに支払いをする。

という様なことはまず難しいでしょう。

では、借金をするための住宅ローンはどういった所を選べば良いのか。

一番いい方法は銀行・信用金庫で借り入れする事です。

自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが家を建てる時にお世話になる不動産屋と銀行側が協調している場合もありますから不動産屋の担当者の人に託しても良いでしょう。

マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。

ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。

現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。

ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。

住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。

長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。

ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。

ローンの金利には大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行から薦められる事はありません。

一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。

また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。

といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。

どっちの金利が良いかわからなくなった時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

住宅ローンを返している途中にもし、失業するような事があれば未完済のまま終わってしまうのでしょうか。

問題が起こっても事前に対処出来るようにしておきましょう。

まずは、焦らずに自分が今置かれている状況を把握しましょう。

辞めることになった原因は、会社にあるのか自分にあるのか、内容により給付金の額が大きく変わってくるためです。

申請した内容がきちんと反映されば一年間は保証されるので、新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。

注意すべきは一度の延滞でも強制的に破綻させれる事もあるので、優先順位を考えて行動するようにしましょう。

これから新築で家を建てる方も、中古物件を検討中の方も必ずと言ってよいほど火災保険への加入も勧められます。

借入れしたお金を毎月払っていかなければならないのに、敢えて保険料を支払う必要があるのかと思う方も多いと思います。

けれども、災害や家事などで家を失ってしまった場合に保険に加入しなかった場合、ローンはそのまま残りいかなる理由があっても支払いを続けなければなりません。

万が一何かあっても対処できるように、申請していれば契約者であるあなたはもちろん、お金を貸した側も便利なのです。

まずはこのような必要性がある事を把握しておきましょう。

住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。

住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても厳しく行われます。

参照:http://www.0669276200.com/housingloan/sinsa.html

審査結果が出るのは約1週間後です。

結果は電話もしくは口頭で伝えられます。

審査を通過しないと住宅ローンは組めません。

審査に通れば、契約に移ることができます。

契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印と諸費用も用意しておきます。

諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。

だいたい、安くても数十万~数百万単位の現金が必要となるでしょう。

これから先、親との一緒に住むことになっている方に今人気の住宅ローンについて理由も一緒に紹介したいと思います。

規定として融資を得るためには、年齢が決まっているので老齢になるとどうしても難しい場合が殆どです。

但し、親子リレー返済をして申請に通れば、70歳以上の方でも申込みする事が出来るのです。

この仕組みは、二人で同時に返済していくのではなく申込みをした二人の年収を合わせ時間をずらして返済するのです。

この為に通常のローンよりも長く借入れ出来るのです。

是非、こうしたローンも視野に入れて検討してみて下さいね。

数年以内に住宅ローンを希望されている方は、手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。

データでは、ローンの10分の1程度が手数料としてかかります。

金利だけで比較してみると安いと感じる銀行もありますが、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、それほど変わらなかったという事もあります。

この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、合わせていくらになるか総返済額を調べることから始めましょう。

実例を挙げると、金利が安くても保証料が高かったり想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。

住宅購入する際、支払いを1回で済ませる。

この様なパターンは、あまり多くありません。

世間一般には、住宅ローンで借金をするのが普通です周囲で借金をする際、一番何が大変か?話を聞くと毎月の支払を指摘する人が圧倒的です。

ローンは長い間支払いをし続けなければいけません。

支払いをしている間は、金利状況も気にしつつしかも、突然いろいろなことが起こるのが人生なのでけがや病気をするかもしれません。

ですので、リスクも考えつつ購入を考えてください。

一生の中で最も高い買い物とも言える住宅ローンだからこそ、0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できるおすすめの銀行をご紹介したいと思います。

それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。

こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、かつローンを申請している人限定でイオンで買い物をすると、登録している方だからこそ割引してもらえます。

賞与が入った時の繰上げ返済の手数料も0円です。

これ以外でもいくつか調べて比較してみても良いですね。

今後、住宅ローンを利用する予定のある方、利用中の方もこの情報を知っているかどうかで10年後に得する是非試して頂きたい節税の秘訣をご紹介したいと思います。

1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。

申込みが出来るのは新しい家を建てた人か、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。

増改築をされた方は5年以上のローン期間が必要です。

その他に年収や年齢など様々に確認される場合もあるので把握して毎月の支払い金額を少しでも減らせるようになると良いですね。

夢のマイホームを購入してから、それほど経たないうちに働けないほどの病気にかかってしまったらどうすべきでしょうか。

普通は、団体信用生命保険に加入していると思うので借用人が、死亡した時にお金が支給されます。

契約した内容に個別でガン保険が組み込まれている保険もあれば、申請しないと申込みできないものもあるので確認しましょう。

それから全く同じように見えても判断された時から始まるものと、支給されるまでの期間が決められているものがあります。

どちらも月々の金額で計算すると数千円の違いなので、もしもの時にしっかり備えておきましょう。

住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。

その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。

この保険の内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。

保証料は自己負担ではないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。